薬剤師 転職の時期

薬剤師求人サイトのおすすめ サイトトップ > 薬剤師の転職の時期

薬剤師の転職時期

薬剤師転職時期薬剤師の転職の時期っていつがベストでしょうか?
色々な求人、特にドラッグストアは1年中、広告などで見かける様になりました。

でも、結局は「希望に合う求人がない」で終わってしまうことが多いと思います。
転職時期にもやはりタイミングがあります。

そのタイミングを逃さないことが好条件の求人に出会えるということにもつながります。

薬剤師の転職のタイミング

求人が多い時期1月~3月

何と言っても1月~3月は好条件の求人が多く、数も一番多い時期です。
薬剤師の転職時期一般企業と同様、新年度というひとつの区切りがあります。

通常ではお目にかかることのない病院、企業からも募集があり、好条件の求人も多く見られます。

また、7月~9月も10月入社を狙った求人が出る時期です。多くの会社は4月、10月入社というところが多いことからおわかりだと思います。

求人が多い=ライバルが多い

皆さん、求人が多い時期を知っているだけに、転職者も多い、すなわちライバルも増えるということを頭に置きましょう。

人気求人ばかりに目がいってなかなか内定が取れないというケースもあります。
極端な話、1~3月の好条件の求人を狙うなら1年前から準備、すなわち4月くらいから準備を始めると良いかもしれませんね。

ボーナスがもらえる時期

薬剤師の給与は月給があまりよくなくても、賞与が良いというところもあります。
薬剤師が転職する時期だからボーナスをもらってから転職しようと考えている薬剤師さんも多いのが現実です。

その場合には辞める前にボーナスをもらえるように交渉、または確認することが大切になってきます。
個人経営になると、薬局経営者の判断でボーナスが支給されないこともあります。

ブランクを空けると不利になる

退職後に少しの間、のんびりと過ごし、転職活動を始めたいという人もいるかと思います。
でも、出産などのブランクの理由は明らかで、これは除き、一般的にからだを休めたいからというのは面接であまり良い印象を得ることはありません。

ブランクがあると冷静に転職活動ができなくなるケースもあります

のんびりしていた分、次の職場を早く見つけなければという思いが強く働き、条件をおろそか師にしてしまい、自分の希望と違った職種についてしまうというのでは、何のために転職したのかがわからなくなってしまいます。

転職活動開始時期 辞める3ケ月前がベスト

薬剤師の職場というのは意外と横のつながりもあるものです。
だからこそ、職場に迷惑をかけないことが大切になってきます。(どの職種でも同じことが言えますが)

1人の薬剤師が辞めると、広告を出して、面接をし、必要書類を揃えて、と1ケ月以上の時間をかけることになります。
さらに仕事の引継ぎもそんなに簡単にはいきません。

会社、同僚に迷惑をかけないように円満退職をすることが、転職後にも大きく影響してきます。

辞めたいと思った時期が転職のタイミング

薬剤師 転職時期細かい事を言いましたが、でも一番大切なことは、「薬剤師の人が辞めたいと思った時期」こそが転職のタイミングです。

もし、人間関係で悩んで、これ以上は耐えられないと思ったら、その時が転職の時期です。
すべての職場が人間関係が悪いところばかりではありません。中には和気あいあいとしている職場もあります。

転職したいと思う気持ちが、求人探しにも熱心になれるし、面接も意欲をアピールできるので、面接官にも好印象を与えます。

それが求人の数が少ない時期であっても、またボーナス直前であっても、強い意志があれば、きっと良い求人が見つかります。