転職理由 労働条件

薬剤師求人サイトのおすすめ サイトトップ > 転職理由 労働条件

労働条件の食い違い、入職前にチェック

求人票の内容も問題なかったのに、いざ入職してみて起こる問題ってありませんか?
転職理由の条件のミスマッチ、これも転職の大きな理由となります。

転職理由、労働条件の違い事前に聞いていた業務内容と違うのでは

年収が残業込みの金額だった

スタッフ不足のため残業は多いし、休みも取れない

雑務が多くてキャリアップができない

何のために転職したのかわからないという事があります。
だからこそ、事前にしっかりと確認する必要があります。

労働契約内容は確認

入職前だからこそ条件は確認できる
内定が決まると「労働契約書」とか「労働条件通知書」「就業規則」といったものが送られてくる例があります。

それを見て、疑問に思ったことは確認することが必要になってきます。

条件の要点は正面にする
「労働契約書」「労働条件通知書」は細かいところまで書いていません。
昇給・賞与、残業について、仕事内容などのこともあいまいな表現になっていることがあります。

面接時に面接官の説明をもとに自分なりにまとめておくことも必要です。

しかし、これらのことをしっかり行っていても、問題が発生することもあります。

キャリアコンサルタントが労働条件を教えてくれるだからこそ、転職サイトに登録することによって、キャリコンサルタントの方から隠れた情報、自分が本当に知りたい情報を教えてもらうことが一番良い方法になります。

転職サイトのキャリコンサルタントはいつも薬剤師の人たちが本当に知りたい情報を集めています。

自分の希望に合っているか、労働条件は信用して良いのか、それを押さえることが必要ではないでしょうか?

面接での注意事項

労働条件が合わないことで前職を辞める経緯をどのように伝えたらよいのでしょう?
例えば、残業の多さが理由で転職するとします。その時には残業が多かったからということを直接的に言わないことが良いでしょう。

面接の様子伝え方としてはやる気がまず大切です。
入職後にこんな仕事をしたいと具体的に話すことで、前向きな仕事をアピールできます。

もし、前職が応募しているところと比べて例えば残業は極端に応募しているところと比べて極端に多い場合は
「ほぼ毎週休日があるため、キャリアアップの時間が確保できません」
といった具合にその問題によって、自分に及ぼされることを加えて伝えても問題ありません。

このような労働条件が理由であってもどのように、面接時に対処すべきかプロのキャリアコンサルタントだからこそ、指導してもらうことができます。