薬剤師 求人 大阪, 薬剤師 転職 大阪

薬剤師転職・求人サイトのおすすめ サイトトップ > 薬剤師の求人転職 大阪

大阪での薬剤師転職事情

大阪は薬剤師の人数が多く、人口に対する薬剤師の割合が全国第3位というほどです。
その背景には大阪府には薬学系の大学が多いということがあります。

と同時に薬剤師の求人となる調剤薬局、病院・診療所・医薬品関連の企業も多く、薬局の数に関しては全国第2位となっています。

薬剤師が転職する時に求人がなくて・・・ということはまずありません。

大阪の薬剤師の求人ならこちらの転職・求人サイトがおすすめ

高収入、好条件の求人は複数(2,3社)の転職・求人サイトに登録することをおすすめします。
完全無料の転職・求人サイトがあなたの転職のお手伝いをしてくれます。

薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア

ソニーグループが運営する薬剤師転職・求人サイト。
病院、医療施設などとつながりが強く、裏情報もしっかりとキャッチしています。

大阪府の求人数が圧倒的に多く、中でも「キャリアアップ」「高収入」の求人が多いのが特徴です。

薬キャリのコンサルタントのサポートの質が高く、大阪のような大都市の求人には強いと言われています。

薬剤師の派遣登録も可能

薬剤師定番 転職・求人サイトおすすめNo.1登録はこちら
薬剤師の大阪の求人なら薬キャリがおすすめ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

調剤薬局業界2位の日本調剤グループが運営する薬剤師求人サイトです。
調剤薬局業界第1位、薬剤師転職求人でも業界1位です。大阪も調剤薬局が多いので、是非、ファルマスタッフも登録しておきたいですね。

ブランクがあり、知識についていけないのではと不安を抱えている薬剤師さんもファルマスタッフに登録すると、教育制度が充実した薬局を見つけることができます。

正社員、パート、派遣、紹介予定派遣
の4つの働き方から自分にあった働き方を選ぶことができます。

調剤薬局求人には圧倒的な強みがあります。

派遣の転職希望の人におすすめ!

大阪で転職するならファルマスタッフがおすすめ
ファルマスタッフの高額派遣!

人間関係が心配と言う人は派遣というスタイルでスタート、↑
派遣ならおすすめ

注目度95.8%【薬剤師転職ドットコム】

業界トップクラス!薬剤師転職サイト
「薬剤師転職ドットコム」無料会員登録

大阪の年収は低めという結果が出ている中、薬剤師転職ドットコムは、年収700万円以上という好条件の求人も保有しています。

さらに、勤務時間も柔軟性の高い、いわゆる働きやすい求人など、色々な働き方を選ぶことができるのが、大阪の求人の良いところです。

大阪には製薬会社、研究機関、医療機関、薬局と色々ありますが、地域によって特徴も様々です。

その特徴も薬剤師転職ドットコムでは相談もできますので、登録をおすすめします。

3人に2人登録 まずは押さえておきたい薬剤師求人サイト

登録はこちら
大阪で転職ならドットコムがおすすめ

リクナビ薬剤師

【薬剤師限定】転職支援サービス

リクルートエージェント、タウンワーク、リクナビ、とらばーゆなどを通じ、年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが運営する「薬剤師専門」のサービスで、多くの転職実績と高い評価で支持されています。

優秀なコンサルタントが多く、ドラッグストアの好条件の求人ならお任せ。
ドラッグストラに関しては欠員補充採用が出た時には、いち早く連絡をもらう事が出来るほどです。

大阪でドラッグストアに転職を希望している薬剤師にとっては登録すべき求人サイトではないでしょうか?

案件の多さ、細かい条件の絞り込み、そして大手企業はおすすめです。
登録はこちら
大阪で転職するならリクナビがおすすめ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師はリクナビと同様に知名度の高い薬剤師求人サイトです。
全国の求人情報を把握しており、豊富な求人数を保有しています。

大手から中小まで幅広く紹介が可能です。

マイナビ薬剤師の特徴としては「面接」に力を入れています。
面接で採用が決まると言われるほど、面接は重要なので、アドバイスをいただけるのは心強いのではないでしょうか?

大阪にも支店があるので、是非、登録をお勧めします。

大阪支店:大阪市北区大深町4番20号 グランフロント大阪 タワーA 30F

定番中の定番。登録はこちら

好条件の求人を見つけるコツ、それは大阪薬剤師に強い転職・求人サイトに登録することです。

大阪の薬剤師の年収

大阪の薬剤師求人は多いのはうれしいのですが、反面、給与が低いのがネックです。
平均年収が550万円に対して、大阪での年収は495万円とかなり低くなっています。

求人が多いのに何故、年収が低い?

大阪の薬剤師の年収最初に記述した様に、薬剤師の人口が多いのが最大の理由です。

求人を出すと、そこには何人かの薬剤師が応募してきます。
わざわざ、給与をアップする必要がないというのがその理由です。

さらに、製薬企業についても大学の新卒者、若い優秀な人材が入ってくるというので、同様の理由になります。

といって、大阪は給与が安いから転職しても仕方ないというのは間違っています。
転職・求人サイトには表に出ない高額給与など好条件の求人があります。

>>大阪でのおすすめ薬剤師転職・求人サイト

大阪の都市部?それとも地方寄り?

転職となると、どうしても大阪というと都市部に集まりがちです。
大阪の都市部は薬剤師の数が多く、年収も低いのが特徴です。

しかし、都市部ならではの求人もあります。
福利厚生、勤務設備の整った職場が多く、勉強会を行っている企業の求人もあり、最新の設備・医療情報が得られるということはメリットでもあります。

一方、地方、池田市、富田林市などになると年収600万円以上高額給与の求人もあります。

大阪都市部VS地方 薬剤師求人

都市部

メリット
勤務設備が整っていて、最新の医療事情が入手しやすい、さらに勉強会を開催する職場も多い。

福利厚生が整っている。交通の便が良い職場が多い。

デメリット
年収は低く、求人に対する応募の場率も高くなる。

地方

メリット
都市部に比べると年収は高め
求人に応募が殺到することがないので、採用につながりやすい。

都市部に近いので、情報も入手しやすい。

デメリット
設備などについては都市部と比べると多少は劣る。

場所によっては交通が不便(自動車通勤に頼ることになる)

これはあくまでも総合的にまとめたものですので、必ずしもこれに当てはまるというわけではありません。

>>大阪でのおすすめ薬剤師転職・求人サイト

大阪の薬剤師求人のまとめ

大阪は薬剤師の数が多く、求人数も多くなっています。
しかし、大阪の都市部と地方では求人の傾向が異なるので、転職の方針をまとめておくことが転職成功のカギとなります。

大阪の都市部は年収が低いけれど、福利厚生が整って、キャリアアップ志向の薬剤師にマッチした求人が見つかりやすいです。

一方、地方では、求人倍率は落ち着き、年収も都市部と比べると高めの求人も多いのが特徴です。