薬剤師 正社員

薬剤師求人サイトのおすすめ サイトトップ > 勤務形態・求人内容 > 正社員として働く

正社員として働く

新卒で働く場合には、ほとんどが正社員として働きますよね。
正社員として働くには正社員として働くことによって、自分が勉強してきた薬剤師の専門性を発揮するためでもあります。

そして、転職する時にも正社員として働くことを希望する薬剤師さんも多いです。
ママさん薬剤師もパートではなく、正社員で働くことを希望するケースも珍しくはありません。

正社員といっても、病院、調剤薬局、ドラッグストア、企業など薬剤師が働く職場は色々です。
だからこそ、自分がどんな仕事をしたいかを見極めてあなたに合った求人を探す必要があります。

では正社員の求人をどのように探すかをそのポイントをまとめていきます。

>>正社員の求人探しも薬剤師転職サイト

薬剤師が正社員として働くメリット・デメリット

薬剤師が正社員として働くことで、どんなメリット・デメリットがあるのでしょう。

メリット

薬剤師が正社員として働くことは色々なメリットがあります。
まずは、そのメリットについてみていきましょう。

収入が安定

パートになると勤務日数によって、給料が変わってきます。休日が多いと給料も少なくなります。
正社員の収入は安定派遣は給料が良いと言われていますが、契約期間があります。

一方、正社員になると年収が決められてきます。さらにボーナスもあります。
そのため、収入の予想が立てられ、人生プランを立てることも可能になってきます。

やりがいがある

正社員となると、年月が経つと管理薬剤師になったり、若くして店長になることも可能です。

ドラッグストアの様に薬剤師が1人しかいない場合は、経験の有無にかかわらず、管理薬剤師として店の責任を任せられることもあります。

スキルアップ

正社員の薬剤師正社員になると、やはりスキルアップができます。薬剤師のイベント、勉強会に出る機会があります。

勉強会などに出ることによって、自分のレベルも周りに刺激され、上がってきます。
このことがスキルアップにもつながるということになります。

福利厚生を利用

これはパート、アルバイト、派遣にはない大きなメリットになります。
住宅手当、女性薬剤師であれば、「育休・産休」「時短勤務」といった制度も取り入れているところもあります。

デメリット

メリットばかりではありません。メリットがあれば、デメリットもあります。
正社員のデメリットも理解することで、後になってこんなはずではということも避けられます。

給料が安い

正社員の給料年収が決まり、安定するのがメリットですが、時給換算すると意外と高くないのが現実です。
時給で計算すると派遣の方が優れています。 場合によってはパートの方が良いケースもあります。

ボーナスが出ることによって、年収がアップすると言えます。

雑用が多い

正社員の薬剤師正社員だからこそ、雑用が多くなります。
特にドラッグストア、調剤薬局となると「店内の掃除」「ゴミ出し」までやらなければならないこともあります。

パートや派遣は勤務時間が過ぎれば帰ることが多いので、おのずと正社員の仕事になります。

正社員として働く

メリット、デメリットもある正社員ですが、でも多くの人はやはり正社員として働くことを希望しています。

一時的にパート、派遣で働いていても、結局は正社員として働く薬剤師さんが多いのも現状です。

希望を明確に

正社員として働くからには簡単に辞められなくなるので、最初に希望条件を明確にしておく必要があります。

給与はこれだけは欲しい、土日休み、人によってその条件は異なります。

残業が少ないところを希望するときには給与が下がることも覚悟しなければなりませんね。

雇用形態を明確にし、調剤薬局、企業、ドラッグストア、病院、自分が働きたいのはどこかをピックアップすることも必要です。

そして最後にやはり薬剤師の求人サイトを活用することで、希望に合った求人を見つけることが出来、転職成功にもなります。

>>正社員の求人探しも薬剤師転職サイト