薬剤師 調剤薬局 求人

薬剤師求人サイトのおすすめ サイトトップ > 勤務形態・求人内容 > 調剤薬局での仕事

調剤薬局での仕事

調剤薬局に強い薬剤師求人サイト

薬剤師の転職候補として上がってくるのが調剤薬局です。医薬分業化となり、この調剤薬局の求人も増えてきています。

調剤薬局の求人はほとんどの薬剤師求人サイトで扱っていますが、調剤薬局に強い求人サイトを比較したいと思います。

薬キャリ(調剤薬局の求人数30,000件以上)

調剤薬局なら薬キャリ 年間7,200名を超える薬剤師の皆さんが登録する転職エージェントです。
登録者数No.1という実績。

コンサルタントの満足度も97%とトップクラス。
病院、調剤薬局の求人に強く、業界・勤務形態を問わずに、ひとりひとりの薬剤師さんの希望に対応します。

調剤薬局の求人に強い薬キャリ、登録は
調剤薬局の求人
あります!今よりアナタが輝く職場
薬剤師の求人ならエムスリーキャリア

ドットコム(調剤薬局の求人数23,000件以上)

調剤薬局の求人はドットコム薬剤師転職ドットコムは納得した転職を判断基準にしています。
ミスマッチがないかどうか、納得して働くことができるかを考えながら、求人を紹介しています。

独自の強いネットワークで、Nol.1クラスの求人数。
医師転職も展開しているので、医療機関と薬局の太いパイプがあります。

だからこそ、本当に知りたい情報を提供することができるわけです。

納得いく転職はドットコム
調剤薬局の求人
業界トップクラス!
薬剤師転職サイト「薬剤師転職ドットコム」無料会員登録

ファルマスタッフ(調剤薬局の求人数約22,000件)

調剤薬局ならファルマスタッフ大手調剤チェーンである日本調剤グループが運営している転職エージェントです。
だから調剤薬局の求人はどこよりも得意としています。

数ではなく、濃い求人情報をモットーにしています。
職場の雰囲気、経営状況、残業などの忙しさはもちろん、デメリットな情報も求人に反映しています。

調剤薬局の求人ならお任せ!
調剤薬局の求人
ファルマスタッフ

マイナビ薬剤師(調剤薬局の求人数約14,000件)

調剤薬局ならマイナビ薬剤師 マイナビの全国ネットワークを活かした豊富な情報力、求人バリエーションを誇っています。

「調剤薬局の責任者ってどんな人?」「人間関係は?」「処方箋の内容は?」「残業はどのくらい?」など表面的ではわからない、でも気になる部分をお伝えします。

さらに、マイナビはドクター、看護師などの医療系転職支援サービスを展開しているので、医療機関の現実も把握しています。

調剤薬局の求人もマイナビなら安心
調剤薬局の求人
マイナビ薬剤師

一般企業などで働いていた人でも薬剤師の資格があれば、採用も可能です。すなわち薬剤師の資格を持つ人にとって調剤薬局は転職しやすい職場なのです。

では、どのようにして転職活動を行ったら良いでしょうか?病院やクリニックのすぐ近くには必ず調剤薬局があります。

そこで働く薬剤師の仕事は

・調剤業務  ・服薬指導  ・薬歴管理

の3つになります。

薬剤師の転職、調剤薬局診察を終えた患者さんが処方箋を持ってきますので、その処方箋に不備がないかをチェックします。
その際に、保険番号、有効期限、今ではお薬手帳をお持ちの患者さんがほとんどですので、その手帳を見て、重複した薬がないかを確かめます。

そこで、不備などがあれば、処方箋を書いた医師に確認する必要があります。もし、問題がなければ、薬を処方して患者さんにお渡しします。

調剤薬局は患者さんにとっては体調の不調を治す薬を受け取る場所です。
それだけに薬剤師の役割は重要になってきます。

薬の飲み方、使い方をしっかり説明することで、正しく飲んでもらうことによって、症状が改善されるものです。
もし、飲み方を間違えると症状悪化にもなりかねませんので、それを念頭において、患者さんと接することが大切な仕事になってきます。

>>調剤薬局の求人探しも薬剤師転職サイト

調剤薬局で働くメリットとデメリット

メリット

どこの調剤薬局でも仕事の内容は基本的には同じなので、転職しやすい。

調剤薬局への転職 メリット働く時間は規則的なので、残業もほとんどなく、プライベートな時間も確保しやすい。

転勤がない。

製薬会社主催の勉強会に参加する機会があり、スキルアップにもつながる。

育児に携わっている女性でもパートという働き方がある。

デメリット

調剤薬局への転職 デメリット毎日の仕事の流れが決まっているので、刺激が少ない。

昇給があまり望めない。

少人数で働くケースがほとんどなので、人間関係によっては環境を左右する。

調剤薬局に向いている人

調剤薬局は、給与、勤務時間などにおいて安定を求めている人に向いています。
常勤はもちろんのこと、子育て中のママがパートで働くこともでき、まさに人気の職種と言えます。

調剤薬局への転職調剤薬局と言っても大きなところからこじんまりしたところまであります。
知識を高めたい人は総合病院の処方箋を取り扱う大きめのところがおすすめです。

一方、個人病院の前などにあるこじんまりした調剤薬局の処方箋は大きな変化があるわけではないので、短調になる傾向があります。

いずれにしても調剤薬局の仕事は薬を患者さんにお渡しするもので、時によっては患者さんの命に左右するとも言える重要な仕事です。

だから、仕事の正確さ、また責任感といったものが求められます。
それに加え、患者さんとのコミュニケーションも必要になってきますので、患者さんの側に立って思いやりの気持ちが、患者さんとの関係を良くしていくことにもなります。

>>調剤薬局の求人探しも薬剤師転職サイト