薬剤師 ドラッグストア 求人

薬剤師求人サイトのおすすめ サイトトップ > 勤務形態・求人内容 > ドラッグストアの求人

ドラッグストアでの仕事

最近、あちらこちらでドラッグストア。
そしてそこには白衣をきた薬剤師さんを見かけると思います。すっかりお馴染みになったドラッグストアでの薬剤師さん。

薬剤師の転職で人気が高い求人としてこのドラッグストアが挙げられます。
調剤薬局と比べても給料が良い傾向にあります。

ドラッグストアでの薬剤師の仕事は

・一般医薬品の販売(処方箋が必要ない医療品(市販薬)) ・相談業務

になります。

ドラッグストアへ転職そして求人中には調剤薬局と同じ様に、調剤が設置されているところもあります。
そうなると調剤薬局と同じ仕事内容がプラスされます。

調剤薬局と異なるのが、市販薬、サプリメント、健康食品も数多く扱っています。
また、病院に通う人ではなく、健康を維持したい、ちょっと体調がすぐれないと色々な人が訪れます。

そういった意味では、幅広い知識が必要とされる職場ということになります。
また、マネージャー、店長を任されるケースもあるので、キャリアアップにもつながります。

>>ドラッグストアの求人探しも薬剤師転職サイト

医薬品は第一類から第三類まで分類されますが、薬剤師が必要とされるのが、第一類の医薬品を扱っているドラッグストアになります。

第一類:リスクが高いもの、
第二類:リスクの懸念がないわけではないがといった程度のもの
第三類:服用することで体調に影響があったとしても日常生活に支障があるわけではないもの

ドラッグストアでは、処方箋がないわけですから、お客さんの症状を伺い、その人にニーズにあったものを提案するのが業務です。

だからこそ、お店でどんなものを扱っているか、そして何に効果があるかをしっかり把握しなければなりません。

ドラッグストアで働くメリットとデメリット

メリット

常勤の人は何人も必要ないということもあり(大きなドラッグストアは別)、後はパートの人も多いので、結婚後、出産後の女性も働きやすい職場。

ドラッグストアの求人 転職するメリット早くから責任ある仕事を任せられ、中にも店長になる人もいます。

髪型、化粧など、それほど大きな規制はないので、おしゃれも楽しむことができます。

ドラッグストアは数が多いので、希望の地域で働くことも可能

教育制度も整っています。

デメリット

ドラッグストアの求人 転職するデメリットレジ打ち、棚卸といった雑用も行わなければならない。

遅番、早番という制度、また土日がおやすみのところも少ない。

少処方箋ではなく、一般薬のため、自分の知識で提供しなければならない。

昇給、給与アップがあまり望めない。

ドラッグストアでの薬剤師の仕事

ドラッグストアは全国チェーンのある大企業が多いのが普通になっています。
ドラッグストアの薬剤師求人マツモトキヨシ、スギ薬局などは有名です。そのため、店舗による異動があることも頭に入れておきましょう。

たとえ調剤併設のドラッグストアに入ることができたとしても、調剤業務が学べるとは限りません。
それぞれのドラッグストアの特徴を理解し、自分に向いているかどうかを確かめましょう。

中には売り上げ重視でノルマを課せられるところもあります。
そのような内部事情はしっかり調べておくことも必要となります。

だからこそ、薬剤師の求人サイトで内部事情も調べてもらった上で、転職をすることをおすすめします。

>>ドラッグストアの求人探しも薬剤師転職サイト