薬剤師 製薬企業 求人

薬剤師求人サイトのおすすめ サイトトップ > 勤務形態・求人内容 > 製薬企業での仕事

製薬企業での仕事

「私、製薬会社で働いているの」というと何となく恰好いいですよね。

製薬企業への転職製薬企業というと新薬を開発するところというイメージがあります。医療の先端ですよね。

でも、その仕事は失敗の繰り返しであり、多くの研究の積み重ねです。そして薬が出来たとしても、臨床試験を行わなければ、薬として表に出ることはありません。

膨大な研究と時間、そしてお金もかかります。でも、それが、病気を治す役に立つということにおいては喜びも大きいと思います。

薬を創るということは薬学部で学んだ知識だけでなく、それ以上の高度な知識を要求されます。まさに、薬のスペシャリストということになります。

その製薬企業における薬剤師の仕事というと、

CRC(治験コーディネーター) ・CRA(臨床開発モニター)
MR(医薬情報担当者)  ・臨床開発(QC,QA,DM)

などがあります。

製薬企業の求人を扱っているおすすめ転職サイト

製薬企業は色々、あります。製薬会社・化粧品メーカー・食品メーカー・一般企業などがあります。

そして、この製薬企業への転職が薬剤師の人気がある職種となっていますが、求人がそれほど多くはないので、狭き門と言えます。

だからこそ、製薬企業を扱っている転職サイトに登録することが必要となってきます。

薬キャリ

薬キャリのコンサルタントは多くの薬剤師さんと接してきたことから、こんな例もあります。

今まで、自分が行ってきた業務内容を話していたところ、店舗管理業務にも携わっていたことなどから自分に合った仕事が製薬会社ではないかと指摘されました。

その後、もし、製薬会社だったらと求人情報を4社、紹介していただきました。
こんな働き方もあるのか、と面接を受けることになり、第一志望の企業にMRとして内定をいただきました。

いまでは、やりがいのある以後とにつけたことに感謝しています。

製薬企業の求人は薬キャリ 登録は
製薬企業の求人
薬キャリ

薬剤師転職ドットコム

製薬企業の求人はドットコム病院薬剤師から製薬会社への転職って無謀?製薬会社は最前線にいる薬剤師さんを求めることも少なくありません。安定性と福利厚生が充実した大手製薬会社へ転職

このまま薬局で働いていくことに疑問。新しいことにチャレンジしたいという前向き姿勢で医療品メーカーの品質管理部門へ転職

一般企業への転職、でも未経験だから不安。 治験契約、モニタリングといった薬剤師としての経験を活かせるCRA(臨床開発モニター)に転職。

いかがでしょうか?疑問に感じたことをぶつけてみる時に、解決法が見つかります。

まずは相談だけでも
製薬企業の求人
業界トップクラス!
薬剤師転職サイト「薬剤師転職ドットコム」無料会員登録

マイナビ薬剤師

製薬企業の求人ならマイナビ薬剤師 ママイナビというと就職活動する人なら誰でもが知っている転職エージェントです。

職種も数多く扱っており、製薬企業管理においては「臨床開発モニター(CRA)」「治験コーディネーター(CRC)」「臨床開発」(QA、QC, DM、統計解析など)「学術・企業・管理薬剤師」「薬事」といったものがあります。

マイナビ薬剤師は希望通りの求人をお探しします。大手だから安心!

製薬企業に興味がありますか?まずは相談。
製薬企業の求人
マイナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

製薬企業での働きたいと思っている薬剤師さんも多くいます。

薬剤師の知識を生かして働く職種はいくつかあります。
中でも、就職先として多いのが、製薬会社のMRです。最新治療薬の情報、学会のお知らせなど情報を広く提供していくことが主な仕事になります。

他にも化粧品会社、食品会社などでも薬剤師として働く場所はあります。

企業の魅力はそのような最新医療情報に精通でき、やりがいがあり、給料も高いということではないでしょうか。

そんな求人もリクナビ薬剤師では取り扱っています。

リクルートグループが運営するから安心
製薬企業の求人
リクナビ薬剤師会員登録

ファルマスタッフ

製薬企業ならファルマスタッフ最近、企業内薬剤師の求人も少しずつ増えてきています。

製薬企業における研究開発、品質管理といっある程度の経験・キャリアが求められるものから、物流関係企業内での管理薬剤師といった経験があまり必要でない薬剤師さんでも応募が可能なものまで、一言で「製薬企業」といっても色々な求人があります。

ファルマスタッフでは

希少な治験コーディネーターの募集(未経験歓迎)
研究開発・品質管理など経験に合わせて募集
検査機器開発メーカーでの薬事・品質管理業務
大手医療衛生用品メーカーでの品質管理職募集

といった求人(一例)があります。

調剤薬局の求人ならお任せ!
製薬企業の求人
ファルマスタッフ

治験コーディネーター・臨床開発モニター

治験コーディネーターの仕事治験コーディネーターも臨床開発モニターも治験に関する仕事です。
治験コーディネーターは治験を受ける患者さんのスケージュールを管理したり、その治験のデーターを収集したりする仕事です。 そして、治験を受ける患者さんの相談も行います。

一方、臨床開発モニターは製薬会社に代わって、治験から新薬申請までの手続きを進める仕事です。
その治験が問題なく行われているかを調査するのも大切な仕事です。

その仕事は

製薬企業で働く薬剤師・治験を行う医療機関・医師の選定
・治験に関する契約書の取り交わし
・医療機関へ治験の説明に行き、治験薬の配布を行う
・治験が適切に行われているかモニタリングを行う
・治験終了時の処理

治験が適切に行われているか、これこそが大事なことになります。

治験コーディネーター・臨床開発モニターのメリットデメリット

メリット

治験コーディネーターへの転職 メリット新しい薬の開発にかかわることができる。

キャリアアップができる。

成果に応じて、給与アップすることが多い。

デメリット

治験コーディネーターへの転職 デメリット治験にかかわるため、病院が遠方にあることで、移動や出張が多い。

残業も多く、不規則な生活になる。

常に、勉強していなければならない。

治験にかかわる仕事に向いている人

人とのコミュニケーションにかかわってくる職種なので、協調性がある人には向いています。また、治験の進行状況に対するヒアリングも行うので、適格な状況を聞き出す力も必要となってきます。

さらに、治験ということになると全国の大学病院などで行うことになります。
出張が多いので、頻繁に出張することが苦にならないことも条件でしょう。

>>製薬企業の求人探しも薬剤師転職サイト

医療情報担当者

自社の医薬品を使用してもらうために、医師や薬剤師に薬の安全性や有効性を提供するのが、仕事です。

副作用が現れた場合にはその情報を研究開発の担当者や伝え、医療と製薬会社の橋渡しの仕事をします。

毎日、数件の医療機関を訪問して薬の説明をして、信頼関係を築き上げることが重要になってきます。
中には将来、調剤薬局を考えている人もいます。

医療情報担当者として働くメリットとデメリット

メリット

医療情報担当者への転職、メリット給与・ボーナスが良く、福利厚生も整っています。

長期休暇(夏休み、年末)がとりやすい。

いろいろな人とコミュニケーションをとるので、人間関係も築くことができる。

転職もしやすい。

デメリット

医療情報担当者への転職、デメリット土日に勉強会などが入ることが多い。

残業が多いので、プライベートな時間がとりにくい。

毎月のノルマがあるので、ストレスもかかる。

>>製薬企業の求人探しも薬剤師転職サイト

臨床開発

新薬の開発に携わる仕事です。QC,QA,DMと呼ばれるものがあります。

臨床開発ーの仕事QCは品質管理部門のことです。
治験が適正に行われているかを検証するのがメインの仕事です。

QAは品質保証部門のことで、医薬品が不良品が出ないようにチェックするのが仕事です。
不良が出た時には、その原因を探求するのが大切な仕事です。

DMはデーターマネジメント部門のことで、治験データの集計、解析、そしてデータとして確保する仕事です。

臨床開発のメリットとデメリット

メリット

臨床開発への転職、メリット新薬を開発する過程に携わることができます。

長期休暇がとりやすい。

キャリアップ、社内での移動も可能。

仕事の成果によって昇給も望める。

デメリット

臨床開発への転職、デメリット残業が多い。

薬以外にも治験、薬事法などの知識が必要となります。

薬剤師の資格が必ずしも必要というわけではないので、薬剤師の仕事を生かしきれるわけではない。

臨床開発に向く人

物事を理論的に考えることができる人には向いています。
数字などを取り扱うことが多いので、数字が苦手という人には苦になるでしょう。

>>製薬企業の求人探しも薬剤師転職サイト