薬剤師の病院への転職

薬剤師求人サイトのおすすめ サイトトップ > 勤務形態・求人内容 > 病院への転職

病院での仕事

薬剤師の転職の中でも病院薬剤師として働きたいと考える人も多くいます。

病院で働く薬剤師の仕事と言えば、以前は調剤業務が主でしたが、今では薬剤師として総合的な能力が問われる時代となりました。

病院における薬剤師の仕事というと、

調剤、服薬指導
医師、看護師といった他職種の職員とのチーム医療
注射薬や点滴の取り扱い
薬物治療モニタリング

などがあります。

病院の転職と言っても、病院が得意とする分野、受け入れ患者、規模によって環境は異なります。
急性期の病院になると当直もあります。その反面、託児所、社員食堂といった福利厚生が整っている病院も今では多くあります。

今では院外薬局が数多くあります。病院といっても必ずしも院内に薬局があるわけではありません。
院外か院内かによっても業務はかなり違いはあります。

病院における薬剤師の仕事は調剤薬局と同じですが、病院に訪れる人のほとんどが利用する病院内の薬局、だからこそ患者さんとの距離間が近く、コミュニケーションが計れる場とならなければいけないと思います。

病院での薬剤師の役割さらに、医師や看護師と連携をはかって患者さんの病気を治す手助けをするのも重要な仕事となります。

調剤薬局と異なることは注射薬、点滴を扱うことがあるということです。
注射は内服薬と比べると作用が強いものが多いので、慎重に取り扱うことも要求されます。

病院へ転職するにあたり

病院で薬剤師としてどんな仕事がしたいかによって病院も選ぶ必要があります。
病院への転職また、病院は調剤薬局と比べて給与は低く、採用枠も少ないため、病院への転職は難しいと言われています。

この様なことを念頭に入れた上で、転職活動をしなければいけません。

病院転職者に質問されること、「病院で何がしたいのか?」「なぜこの病院を選んだのか?」漠然とした回答にならない様に、自分の考え方を整理することが大切になってきます。

病院薬剤師として働くメリットとデメリット

メリット

病院薬剤師への転職、メリット知名度が高く、医療現場で働くので、最新の知識も身に付けることができます。

病院内での製薬会社が開く勉強会に参加することもできます。

患者さんとの距離が近くなり、特に入院患者さんに対しては薬の効果を目のあたりにすることができます。

デメリット

病院薬剤師への転職、デメリット調剤薬局などと比べると給与が低い場合が多い。

中には当直がある場合も、さらに休みが不規則になることもあります。

求人件数、特に中途採用の募集がすくない。

病院薬剤師のまとめ

病院の求人が少ない中、多くの薬剤師さんは調剤薬局、ドラッグストアといったところに就職・転職する人が多くなります。

病院薬剤師確かに病院は中途採用はほとんど行っていませんし、求人数も調剤薬局、ドラッグストアに比べると少ないのも特徴です。

しかし、調剤薬局、ドラッグストアで働き、そこで覚えた薬の知識はそのまま病院で活かすことができるのも確かです。
と言っても病院とその他の職場では仕組みも異なれば、勤務体系、診療報酬まで変わります。
新たに覚えることも多くあります。

大規模病院、中小希望の病院と必要とされるスキルも異なってきます。
「あなたが働きたい病院」の求人を求人サイトのコンサルタントにお願いすることが一番良い方法です。