薬剤師 転職理由

薬剤師求人サイトのおすすめ サイトトップ > 薬剤師の転職理由

薬剤師の転職理由は様々

薬剤師の仕事は専門的知識を要します。そして、ミスが絶対にあってはならにというストレス、そして多忙な業務に追われているというイメージがあります。

それでもスキルアップをすることで収入にもつながるといった理由で転職を希望している人も多くいます。
その反面、プライベートの時間が取れない、人間関係に悩まされるという人も多いと言われています。

薬剤師の転職理由、ライフスタイルの変化理由:結婚、出産といったライフスタイルの変化
薬剤師の6割強は女性と言われています。そして女性が多い職種であるため、結婚・出産、育児といった理由で退職、もしくは転職する人も多いのも現実です。

今では仕事と家庭を両立できる職場も増えつつありますが、子どもが熱が出たなどで急に休まなければならないこともあります。

薬剤師の職場は慢性的な人手不足、だから結婚、育児と仕事の両立が出来ないところも多く、結果として辞めざるを得ないわけです。

でも、育児のため一旦、辞めてもまた復職を希望している女性の薬剤師も多いのが現実です。

ライフスタイルの変化と転職

理由:年収アップ
薬剤師という仕事は男女を問わない職種です。
現在の職場でキャリアアップが出来るところならともかく、中には扱える処方箋の数に制限があり、同じことの繰り返し、給与も上がらないというケースもあります。

年収アップだけの理由でなかなか理想の求人を探すことは意外と難しいです。

年収アップのための転職

薬剤師の転職理由理由:労働条件(勤務時間・業務内容)の不満
慢性的な薬剤師不足でサービス残業、また休暇も思うように取れない。」「雑務ばかりでやりがいがない」
などなどその理由は色々です。そして転職する時に動機を聞かれた時、このような要因を口にすることはタブーと言われています。

理由:職場での人間関係
人間関係はどこの社会でもつきものです。薬剤師は特に女性が多く、また小規模の組織の中で働くので、この人間関係は一度こじれると大きな転職要因となります。
そして、職場内の雰囲気は入ってみないとわからないということもあります。

人間関係と転職について

だからこそ転職・就職にはサポートサービスを使うことをおススメします。
薬剤師専門のコンサルタントがヒアリングから求人案件、書類作成、面接対策、就職また一貫してすべてを担当し、希望を叶えてくれます。